タグ:ロッキングチェア ( 11 ) タグの人気記事

 

似ているけど並べるとわかる

連日早くも猛暑日ですね。
昨日、日本橋から戻りましたが、東京も松本も春の陽気とは思えない暑さです。

しかし、松本はカラッとしており過ごしやすい気候だと思います。

そんな4月23日のショールームに展示してある椅子から2つご紹介致します。
e0155377_13411676.png

















左:ペンシルバニアウィンザーチェア W63 SH42 H106
右:コムバックロッキングチェア   W68 SH40 H105e0155377_13431830.png

















手前がコムバックロッキングチェアです。奥のペンシルバニアウィンザーチェアより
背中が寝ているように見えますね。
e0155377_13450128.png

















左右で座面の形、アームの広さが上から見ると違うのがわかります。
座ってみると全然違います。ロッキングチェアというのもありますが
どちらの良さも座って初めて体感できますので。
是非、並べて座り比べてみていただきたいと思います。

[PR]

by matsumotomingei | 2018-04-23 13:49 | ショールームからのお知らせ | Comments(0)  

信州松本物産展のご案内

今年も、松本市内の井上百貨店で
信州松本物産展が開催されます。
「地産地消」ということで、松本において
松本市内の食料品、工芸品が多数紹介されます。
今回で6回目を数えるこの催し、
弊社は今年は初公開の新作ロッキングチェアを展示します。
e0155377_956234.jpg

2011新作 L型ロッキングチェア
         税込 159,600円
実物は結構ボリューム感があって座り心地がとても良いです。

「第6回 信州松本物産展」
会期 1月20日~25日
会場 井上百貨店 本店7階大ホール

今週は大宮髙島屋の催しとダブルヘッダーで
てんやわんやな状況です。
東京近郊、埼玉在住の皆さん、ぜひ大宮髙島屋へ!
松本市内の皆さん、ぜひ井上へ!!
[PR]

by matsumotomingei | 2011-01-17 10:00 | お知らせ | Comments(0)  

フェニカロッカーについて(再)

いつも、当ブログをご覧頂まして、誠にありがとうございます。
さて、アクセス件数を確認してみましたところ、このところ
検索ワードの上位には常に「ロッキングチェア」が入っていたのですが、
ここへきて急に「フェニカロッカー」での検索が急上昇しており、
現在検索ワードで1位のぶっちぎり状態です。
多くの方が「フェニカロッカー」について、興味がある様子なので、
改めて、フェニカロッカーについてご紹介いたします。
このフェニカロッカーについて、その誕生の経緯は、こちら
ご覧いただくとして、今回は、このロッキングチェアの他のものと比べての特徴
について書いてみようと思います。
さて、このフェニカロッカーのもとになった椅子は、弊社のこの型です。
e0155377_1015592.jpg

#508D型ウインザーチェア W59xSH44xH92 税込 115,500円
この椅子は、英国人の陶芸家であり、弊社の恩師であるバーナード・リーチ先生の
監製による椅子ですが、英国の伝統的なものにこのような姿のものはあります。
その伝統的な姿のものを、リーチ先生が、細部のデザイン、ディテール、サイズなど
様々な部分を、弊社の職人とひざを交えて話し合い、改良を加え生まれた椅子です。
この椅子の特徴としては、あまり大きすぎない適当なサイズというか、着座すると
どちらかといえばタイトな部類でありながら、肘掛を支えるツカ柱が後ろの大きく
逃げているので、足回りに窮屈さがなく、自然なアールによる背の当り具合のよさ
とあいまって、体にフィットし、かつ無理な感じがしないことが特徴でしょう。
座面の高さは44cmと、数値で見ると比較的高めですが、座面の奥行きを適度に
抑えているため、座面の高さを感じず、かえって足つきがよく感じます。
また、先ほどのツカの形状と背柱のアールにより、姿勢を斜めに崩して座っても
違和感がなく、というか体を降りやすいので、長時間着席するのに無理を感じません。
加えて、座面の高さに対して、肘の高さが比較的低いので、肩が下がり、上半身に
変な緊張感がありません。
座板の厚みは約3cm弱と必要以上に厚いものは使わず、重量も軽量にする工夫が
あり、しかも強度不足が出ないよう、座板は価値のあるハギなしの1枚板を使用するなど、
贅沢な仕様になっています。
長時間座っても快適な、まさに名品といえましょう。

フェニカロッカーも座面の高さが44cmに設計されています。これは、通常の
ロッキングチェアで考えると数値的には高いのですが、(通常の弊社のロッキング
チェアの座面の高さはおよそ38cm)この高さにこだわりがあります。
ベースにした椅子の特徴を最大限生かすよう、つまり、一般的な概念で考える
リラックスチェアとしてのロッキングチェアとは別に、座り心地のよい普通の椅子で
ありながら、さらにロッカーをつけることで着座姿勢をより動かしやすくし、
より無理のない姿勢で長時間の着席を可能とした椅子といえましょう。
事実、フェニカロッカーはたとえばテーブルやワーキングデスクにセットしても
低すぎないどころか適当な高さであり、たとえば長時間机に座って作業する方
などのワーキングチェアとして最適なんではないかと感じます。

勿論、ロッキングチェア本来のリラックスチェアとしての使い方でも、背中のあたりも
優しく自然で、肘掛が低めなので本などを読むのも具合がよく、なんら不自由な
ことではありませんし、椅子が体の重心移動にあわせてゆれてくれるので、
立ったり座ったりがとても楽に出来るわけです。

こうして改めていろいろと書いてみると、この椅子はまさに自分用に部屋の片隅に
おく椅子として、姿かたちも美しく、多用に使えて、大きすぎず、まさに最適なんじゃ
ないかと思いだしてきました。というか、自分で欲しい椅子です。

なかなかこの椅子の魅力を表現しきれず、申し訳ないのですが、
百聞は一見にしかず、ご興味のある方はぜひ
BEAMS 原宿 インターナショナルギャラリーにお出かけください。
この名作椅子は、BEAMSでしか見れませんし、買えませんから。
e0155377_10534732.jpg

フェニカ・ロッカー 税込 149,100円
(BEAMS 限定販売)

ぜひ!!
平成28年6月15日に価格改定しています。ご注意ください。
[PR]

by matsumotomingei | 2010-04-22 11:01 | 椅子 | Comments(0)  

週末はロッキングチェアを選びに

この週末、ぜひロッキングチェアを探しに
BEAMS インターナショナルギャラリーのお出かけください。
e0155377_916799.jpg
e0155377_916241.jpg
e0155377_9165626.jpg
e0155377_9171333.jpg
e0155377_9172624.jpg


先日、私も原宿のBEAMSのお店に展示風景を
拝見しにいってきました。
なかなか評判は上々とのこと。よかった。よかった。
なんだか、ワクワクするようなそのレイアウトに心が躍ります。
窓の外は原宿の風景、それを眺めながらロッキングチェアに
座ってしばしの椅子談義。 楽しいひと時です。
その日は、BEAMS原宿店、新宿店のスタッフが集まってくれ
2時間ほど商品説明、質疑応答?など。
あらためて感じたのは、スタッフが真剣で真面目なこと。
そして、みな物が好きなんだということ。
物がすきということが、とても大切なことです。
その気持ちをどういうふうに、お客様に伝えたらいいのか、
そんな質問が出るほどに、みんな真っ直ぐです。
とても楽しいひと時でした。
ぜひ、お出かけいただき、スタッフに声をかけてください。
そして、あなたはどの椅子が好きですか?理由はなんですか?と
質問してみてください。
きっと楽しい会話が出来ることと思います。
ほんとうにこの展示、内容、スタッフ含めお勧めです。ぜひ!!

さて、今朝の松本はこんな感じ。
e0155377_925225.jpg

e0155377_9253872.jpg

4月の半ばを過ぎたというのに、5cmほどの積雪!
こんなことは記憶にありません。
満開の桜に雪ってのも、オツではありますが、かわいそうな・・・・。
今は晴天、気温も上がっています。
きっとすぐに溶けてしまうだろう、春の雪。
でも、降り過ぎです。
[PR]

by matsumotomingei | 2010-04-17 09:29 | お知らせ | Comments(2)  

ロッキングチェアのある暮らし

前回ご紹介しました、「ロッキングチェアのある暮らし」が
今週初めから開催されております。
そこで、過去にご紹介しましたバリエーション以外のロッキングチェアを
今回ご紹介します。
この椅子は、なぜかカタログに載っておりませんが、なかなかどうして
座り心地のよい椅子です。
e0155377_9491931.jpg

K型ロッキングチェア W54.5xSH37xH100 税込 220,500円

このロッキングチェアは、他のシリーズと違い非常に特徴的な
スタイルをしています。その理由として、この椅子を構成している部材が
すべて板材で出来ていることが上げられます。
この椅子は一見すると他のバリエーションに比べシンプルに見えますが、
実は、前から見ても、横から見ても、上から下にむかってすぼまっており、
各部の接合角度が直角ではなく、そのためいかなる角度からみても、
板材で構成されていながら、平面的ではなく曲線的な印象を与える
椅子であり、見かけと違いかなり複雑な構造をしています。
加えて、座面にはクッションが敷かれていますが、本体の座面自体は
他の製品にくらべかなり低く、そのため重心が低いので、揺り船(ロッカー)も
短く、見た目よりコンパクトな特徴もあります。
さて、座り心地はどうかというと、一見背板が平面なので硬い印象かといえば
そうではなく、なにか包み込まれるような安定感ある座り心地で、
しかも重心が低いためか、揺れが少なく穏やかな座り心地です。
この椅子は、作り手のスキルも要求される、カタログに載っていない
隠れた逸品。
BEAMSインターナショナルギャラリー原宿にも展示されておりますので、
ご興味のある方はぜひ座ってみてください。

で、その「ロッキングチェアのある暮らし」展はこんな雰囲気で・・・
e0155377_10265524.jpg

すべて見せてしまうとつまらないので、ちょっとだけ。
フェニカロッカーとあわせて8種類の弊社ロッキングチェアが様々なシーンで
展示されています。
ぜひお出かけください!!

平成28年6月15日に価格改定しています。ご注意ください。
[PR]

by matsumotomingei | 2010-04-07 10:31 | 椅子 | Comments(0)  

立川髙島屋 フェアのご案内

10月28日(水)から11月10日(火)までの期間、
立川髙島屋の7階家具売場内におきまして、
春に引き続き、フェアを開催いたします。
e0155377_1644355.jpg

W型ロッキングチェア (税込 161,700円)

小規模のフェアですが内容は充実、実用的かつ
特徴のある品々を集めて開催いたします。
お近くに皆様、ぜひお越しくださいませ。
期間中の28日、31日、11月1日、3日、7日、8日には
弊社の社員も常駐いたしております。
なんでもお伺いくださいませ。
お待ちいたしております。

ここのところ、ほんとうにロッキングをお選びいただくことが
多い気がします。
今回、会場は狭いですが、3種類のロッキングを展示します。
当社のロッキングチェアの座り心地をぜひ、
お試しください。
[PR]

by matsumotomingei | 2009-10-26 16:11 | お知らせ | Comments(0)  

ロッキングチェア⑤

e0155377_17281892.jpg

#515E型ロッキングチェア W61xSH35xH112 税込256,200円
軽く。美しい椅子です。

藤張りのロッキングチェアです。
何年か前に、ケネディ大統領の愛用のロッキングチェアが
クリスティーズかなにかのオークションに出品され、1000万近い
金額で落札された記事を見たのですが、その新聞記事に
載っていた写真の椅子が、この椅子とそっくりで驚いた思い出があります。
ケネディは大変な腰痛持ちで、あまりのひどさに執務に支障をきたす
ほどだったそうです。
そこで、世界中からあらゆる腰にやさしい椅子を集めて試したところ、
結局地元ボストンのロッキングチェアが最も良かったという話は
有名な話です。

この椅子は、カタログには載っていないのですが、古くから製作している
椅子です。一時、藤の質が落ち、とても折れやすい時期があり、
一時製造中止にしていました。
この椅子は、社内ではなぜか「ドリアン」と呼ばれ、なぜそんな呼び方を
されていたのか古い職人に聞いたことがあります。
すると、この椅子が出来た当時、「ドリアンアイスクリーム」というものが
流行ったらしく、この椅子の背柱の先端についているギボシの形が
それにそっくりだったので、そう呼ばれたとのこと。(^^)

笑ってしまいましたが、案外そんなもんです。(^^)

平成28年6月15日に価格改定しています。ご注意ください。
[PR]

by matsumotomingei | 2009-02-19 17:39 | 椅子 | Comments(0)  

ロッキングチェア④

e0155377_1821984.jpg

#610D型ロッキングチェア W53xSH35xH110 税込 186,900円
e0155377_1832390.jpg

K型ロッキングチェア W54.5xSH37xH100 税込 220,500円

この2種類のロッキングチェアは、どちらも大変個性的な椅子です。
まず、#610型は通称スプリング・ロッキングまたはプラットフォーム・ロッキング
といい、ロッキングチェアの特徴である船(振り子)がありません。
台と椅子とをスプリングでつなぎ、その力でロッキングする仕掛けです。
また、すべて轆轤の棒で構成され、まさに雰囲気からして編み物をする
ご夫人が座っている姿を連想させるようなスタイルです。

我々が所有するこの椅子の原型は、子供用のもので大変かわいらしい
のですが、これまた大変本格使用であり、当時の作り手のこだわりか
もしくは注文主のこだわりを強く感じさせます。

もう一つ、K型は、構造に轆轤などの棒(スピンドル)を一切使用しておらず、
すべて板材で構成されているのが特徴です。
これは、材料の無駄使いをなくすために、端材の利用を考え、
工夫した結果だと聞いていますが、いやいやそんな雰囲気は微塵も感じません。
写真ではわかりにくいのですが、一見箱状に見えるこの椅子、
直角に構成されている部分が一つも無く、前から見ても逆八の字、
横から見ても逆八の字に組まれており、大変作り手泣かせといえましょう。
つまり、一箇所角度の検討を間違えると、最後に必ずどこかに隙間ができてしまうのです。
この椅子は重心が他のロッキングチェアより低く、そのためロッカーが短くなっており
場所をとりません。また、重心が低いゆえに揺れが安定しており、
揺れることによる恐怖感がありません。
座り心地もまた独特で、固めのシートクッションもあいまって、非常に落ち着きます。
カタログになぜか載っていない、隠れた名品です。

さて、次回はどのタイプを紹介しましょうか。
[PR]

by matsumotomingei | 2009-02-18 18:20 | 卓子 | Comments(0)  

ロッキングチェア③

e0155377_16531147.jpg

G型ロッキングチェア W65xSH38xH118.5 税込 472,500円

松本民芸家具最大のサイズのロッキングチェアです。
この椅子が生まれた理由は、横綱大鵬が現役時代に
弊社のロッキングチェアをご注文され、横綱が座っても
壊れない頑丈なロッキングチェアをお作りしてお納めしようと
いうことで製作されたのだそうです。
最大の特徴は、座面の厚さでしょう。
約10cmの厚さのミズメ材の一枚板をおおよそ4年天然乾燥させ、
その体積のほぼ半分以上を削り出して、座の曲線を作り出します。
これほどの厚みの良質な材料は、年間ほとんど確保することが出来ず、
また、乾燥中に割れて使えなくなってしまうものが、およそ半分。
つまり、生産数の極めて少ない、大変貴重な椅子と言えます。

背柱も緩やかなカーブをもたせてありますが、これもすべて角材から
削りだして製作していきます。
座板、背柱、その他ほとんど削り出しで製作するため、
職人の技量が問われるロッキングチェアです。

さて、その座り心地ですが、まさに包み込まれるようなという
言い方なのでしょうか。またその大きさゆえ揺れがゆったりと
安定しており、なんとも形容しがたい座り心地です。
この椅子、なんと御注文いただいてからお届けまで、前記した
材料の関係から3年ほど待っていただいているのですが、
それでも、一度お試しになられると、3年待っても欲しいという
方が後を絶ちません。

その名もジャイアント・ロッキングチェア。
これほど美しいロッキングチェアは他に類を見ません。

次回は変り種をご紹介いたします。
[PR]

by matsumotomingei | 2009-02-17 17:09 | 椅子 | Comments(0)  

ロッキングチェア②

今回は、もう少し大きめのタイプを紹介します。
e0155377_1118691.jpg

#304F型ロッキングチェア W68.5xSH38xH110 税込 191,100円
e0155377_11192961.jpg

J型ロッキングチェア W68.5xSH38xH110 税込 174,300円

この二つのタイプは、サイズ、構造ともに同じものです。
デザインが違うと言うことになります。
構造的に見どころのある部分は、その必要なまでの強度でしょう。
両脚をつなぐ横木を「ヌキ」と呼びますが、このタイプは合計3本、
内1本は肘あてを支える支柱「ツカ」を左右でつないでいます。
なぜこのように堅牢に作る必要があるのか。
それは、ロッキングチェアのその性質によります。
ロッキングチェアは、性格上常に不安定な状態でゆすられます。
そのため、各部への付加が大きく、緩みやすい性質を有します。
そこで、長年の使用に絶えるため、通常の椅子にくらべてことさらに
強度を増しておく必要があるのです。
しかし、市場に出回る多くのロッキングチェアを見るとき、
その点に注力しているものは、少ないように見えます。

どちらも、ゆったりとしてまさにロッキングチェアのイメージです。
F型は背中の轆轤の装飾が、座ったときに背中を干渉することがあり、
やせた方などは、J型を選らばれるのが無難でしょう。
しかし、欧米の方などは、背にショールやキルトをたらすなどして
自分だけの装飾を楽しみながら使われたりします。
そんな風に工夫してもよいでしょう。

故 棟方志功宅にお邪魔した際、玄関を入ったすぐのホールに、
ずいぶん使い込まれてやさしくなったF型が置かれており、
その、なんともいえない貫禄と、風合いが忘れられなかったことを
思い出します。

次は、もっと大きな逸品をご紹介します。
[PR]

by matsumotomingei | 2009-02-16 11:34 | 椅子 | Comments(0)