カテゴリ:卓子( 6 )

 

自分のための机を選ぶ

e0155377_15585213.jpg

L-Ⅲ型デスク 巾115cm 奥行70cm 高70cm 税込 168,000円
L-Ⅲ型脇棚  巾35.3cm 奥行42.7cm 高56cm 税込 136,500円
(キャスター付き)
WB型アームチェア 巾61cm 座高43cm 高102cm 税込 144,900円

e0155377_1614286.jpg

ME型ビューロー 巾75cm 奥行46.5cm 高104cm 税込 237,300円
#72型リーチチェア 巾43cm 座高42cm 高91cm 税込 71,400円

この時期、新たな生活をスタートさせるにあたり、
学習机などを考えてらっしゃる方も、多くいらっしゃるかもしれません。
松本民芸家具は、いわゆる学習机というものは作っていません。
長く々お使いになられるものとして、学習机としての役目を終えても
生涯のご自分だけの机としてお使いいただけるものをと考えています。
とはいえ、旧態然としたものでは、時代の使い勝手に不便さを感じるのも事実。
たとえば、昔は机の上に広げるものはノートが主役だったわけですが、
今はおそらくパソコンでしょう。
上の2点はどちらもパソコン対応を設計段階から重点においた品です。
現代的な使いやすさを自分たちなりに追求し、かつ、質感を落とさない。
また、必要最小限の機能にとどめ、価格を出来るだけリーズナブルに
するよう努力し、他のものを追加していくことで拡張性も持たせてあります。

勿論ムク材ですので、生活とともについていく傷も、使い込まれた痕跡として
味わい深く残り、いつか本当の意味での「自分だけの机」になるものと
思います。

中央民芸ショールームでは、そうした机類を今充実させて展示しています。
そんな机探しをされているようでしたら、ぜひ一度ご覧においでください。
お待ちいたしております。
[PR]

by matsumotomingei | 2013-02-08 16:17 | 卓子 | Comments(0)  

立ったまま使う机?

当社のショールームの女性店員から、ぜひ紹介したいと
申し出があったのがこの品。
e0155377_10245040.jpg

e0155377_1025122.jpg

特コンソールテーブル・・・通称「立ち机」
幅100cmx奥行50cmx高100cm 税込136,500円

この机、実はその女性店員が腰を患い、日中座っていることが
大変だということで、什器として当初製作した品なんですが、
ショールームに作業台としておいてありますと、興味を示される
方が多いのは事実。
今朝、その女性店員がどこかのテレビで、
年齢とともに衰えていく筋力のままに、
室内で座ってばかりいてしまうと、益々筋力が衰えてしまう。
そこで、室内で出来るだけ立った姿勢で作業することで
自然と体を動かすことになり、筋力の低下も防止できる
効果があるという話
をしていて、
そういえば先日もとあるお客様が立ったまま使える机
探しに来ていたことを話してくれました。
昨日来店された若い男性のお客様も、この机の前で
随分と立ち止まり、「欲しいな~」を連発されたとか。
聞くと腰を痛めているとのこと。
確かに腰が痛いときはかえって座ることが苦痛であることは事実。
立った姿勢、もしくはそれに近い姿勢のほうが楽だと聞きます。
女性店員いわく、自分も腰を痛めた際にそうしたものが欲しくて
ネットでしらべても、そんなの出て来なかったそうな。
だから、紹介してもらえれば、探している方がいるかもしれないと
いうことで、今回この「立ち机」をご紹介します。(^^)
サイズ変更は勿論可能です。
[PR]

by matsumotomingei | 2012-06-07 10:39 | 卓子 | Comments(0)  

良い感じではないだろうか

早くも師走です。(^^;)

お客様のからよく言われる要望の一つに、
床に座っても、また椅子に座っても兼用で使える
センターテーブルがないだろうかという要望。
しかし、人間の座高の高さ、椅子の座高から考えると、
基本的に折り合いが付かない要望。
どちらかが妥協しなくては高さがきまりません。
となると、低い着席位置を優先させるケースが多く、
他社メーカーの品でも良く見られますが、
センターテーブルとしては明らかに低すぎるものとなってしまいます。
今回、当面座卓として使用しながら、
将来は低めのスツールにあわせて使いたいという
ご要望をいただき、製作した朝鮮膳風卓子。
全体のバランスに考慮しながら製作しました。
元来床に座って使う視線の膳。
膳なら多少低くめでも違和感がありません。
e0155377_11422664.jpg

これ、いいんじゃないだろうか・・・・。

今日出荷します。
喜んでいただけるといいのですが。
[PR]

by matsumotomingei | 2011-12-05 11:44 | 卓子 | Comments(0)  

ロッキングチェア④

e0155377_1821984.jpg

#610D型ロッキングチェア W53xSH35xH110 税込 186,900円
e0155377_1832390.jpg

K型ロッキングチェア W54.5xSH37xH100 税込 220,500円

この2種類のロッキングチェアは、どちらも大変個性的な椅子です。
まず、#610型は通称スプリング・ロッキングまたはプラットフォーム・ロッキング
といい、ロッキングチェアの特徴である船(振り子)がありません。
台と椅子とをスプリングでつなぎ、その力でロッキングする仕掛けです。
また、すべて轆轤の棒で構成され、まさに雰囲気からして編み物をする
ご夫人が座っている姿を連想させるようなスタイルです。

我々が所有するこの椅子の原型は、子供用のもので大変かわいらしい
のですが、これまた大変本格使用であり、当時の作り手のこだわりか
もしくは注文主のこだわりを強く感じさせます。

もう一つ、K型は、構造に轆轤などの棒(スピンドル)を一切使用しておらず、
すべて板材で構成されているのが特徴です。
これは、材料の無駄使いをなくすために、端材の利用を考え、
工夫した結果だと聞いていますが、いやいやそんな雰囲気は微塵も感じません。
写真ではわかりにくいのですが、一見箱状に見えるこの椅子、
直角に構成されている部分が一つも無く、前から見ても逆八の字、
横から見ても逆八の字に組まれており、大変作り手泣かせといえましょう。
つまり、一箇所角度の検討を間違えると、最後に必ずどこかに隙間ができてしまうのです。
この椅子は重心が他のロッキングチェアより低く、そのためロッカーが短くなっており
場所をとりません。また、重心が低いゆえに揺れが安定しており、
揺れることによる恐怖感がありません。
座り心地もまた独特で、固めのシートクッションもあいまって、非常に落ち着きます。
カタログになぜか載っていない、隠れた名品です。

さて、次回はどのタイプを紹介しましょうか。
[PR]

by matsumotomingei | 2009-02-18 18:20 | 卓子 | Comments(0)  

#621型スクエアーテーブル

e0155377_13331340.jpg

(クリックすると大きくご覧いただけます。)
#621型スクエアーテーブル W91xD91XH70 税込 126,000円
ミズメ桜材・ラッカー仕上げ
ステックバック・アームチェア W57.5xSH42xH90 税込 113,400円(1脚)
ミズメ桜材・ラッカー仕上げ

シンプルなデザインの真四角の卓子です。
シンプルとはいえ、この形は創業初期のころより製作しており、
熟成され完成度の高いデザインといえます。
1~2人暮しの方が、食卓として、また時にはワーキングスペースとして
ご使用になられた場合、91cmのスクエアというサイズはミニマムサイズ
として使い勝手がよいのではないでしょうか。
価格的な魅力ももちろんのこと、そのあたりが好評をいただいている
理由ではないかと考えます。
(サイズ変更可能です。お問い合わせください。)

またこの椅子ですが、これもかなり優れものです。
そのお話はいつぞやか・・・・。

松本民芸家具公式HPはこちら。
[PR]

by matsumotomingei | 2008-11-14 13:41 | 卓子 | Comments(0)  

TM型ドロップリーフテーブル

おかげさまをもちまして、無事11月10日に高崎高島屋での
弊社展示会を終了いたしました。
前半は人の出が少なく、やはり昨今の不景気の影響もあるのか
と思っていましたところ、金曜日から最終日までは昼食もとれない
ほどの盛況でした。
改めてお出いただきました皆様方に感謝申し上げます。
さて、当ブログでは、製品も暫時取り上げて紹介していきたいと
考えています。
それをカテゴリーに分けていき、将来的には製品データベースとして
の機能も持たせられればと考えています。
そこで、今日は高崎の展示会で好評でしたテーブルを2点ご紹介して
みたいと思います。

先ずはこれ
e0155377_1322932.jpg

(クリックすると大きくご覧いただけます。)
TM型ドロップリーフテーブル W150xD85xH70 税込237,300円
#220F型チェア W42xSH41xH82 税込88,200円(1脚)
HE型カップボード W133xD41xH151 税込682,500円
(上記すべてミズメ桜材・ラッカー仕上)

左右の天板が折れる通称バタフライとよばれるタイプのテーブルです。
しかしバタフライタイプはおおむね脚部が煩雑になり使い勝手が今ひとつですが、
このタイプは天板の下に天板を支える芯出という棒が出入りして、天板を支える
構造になっています。そのため、写真のように天板下がすっきりとしていて、
足まわりに余裕があります。
ちなみに両側の補助天板を折った状態で幅が約100cm、片側を広げると125cm、
両側を広げると150cmとなり、2人~6人に対応できます。

家族環境の変化からか、現在このようなタイプは多くの方が興味を持って
ご覧になられています。

(サイズ変更可能です。詳しくはお問い合わせください。)

松本民芸家具の公式HPはこちら
[PR]

by matsumotomingei | 2008-11-14 13:32 | 卓子 | Comments(0)