ペンシルバニア・ウインザーチェア

e0155377_1345351.jpg

(クリックすると大きくなります。)
W63xSH42xH106 税込 144,900円

2年前に生まれた新作ウインザーチェアです。
18世紀末~19世紀初頭、アメリカ東海岸、いわゆるニューイングランドで
生まれたウインザーチェアの型です。
おそらく、開拓時代をへて人々の生活に安定が見え出した頃に
できた型なのでしょうか。アーリーアメリカン・ウインザーチェアとしては
造作が凝った装飾的な椅子です。
このタイプは、コムバック(櫛の背中)スタイルに属しますが、
この椅子の特徴は、なんといってもその全体の抑揚あるデザイン
にあります。
座面から生える脚は、非常に傾斜しており、その強度を保つために
座板は厚く、しかし前部を削り込むことで厚みを感じさせないようにし、
まるでバイオリンの胴のようなその形は、削り仕事ばかりです。
首あてといいましょうか、クレストの部分にも特徴があり、意外と材は
厚めなのですが、正面からは見えない裏側を削ぐことで、厚みを感じさせない
工夫がなされています。
肘掛(アーム)の曲げ木は中央部分は2重にしてあり、その分厚みを稼げるので
座ったときに、背骨に当たる感じが無く、自然と体にそう坐り心地です。

祖国英国への郷愁と、初期アメリカのおおらかさが生み出した、
大変美しいウインザーチェアです。

中央民芸ショールームに常時展示しています。
ぜひ、お試しください。

当初の目的であった製品紹介、がんばらなくては・・・・(^^)
[PR]

by matsumotomingei | 2008-12-10 14:03 | 椅子 | Comments(3)  

Commented by Nです。 at 2008-12-11 09:05 x
いつも楽しくブログ拝見してます!製品紹介などそれぞれの特徴やルーツなどとても勉強になります(^^)
Commented by matsumotomingei at 2008-12-11 15:58
このブログに初コメが!
Nさん、こんにちは。これからもがんばりますので、
ぜひ遊びにきてくださいね!!
Commented by ごぶさた野郎のNです。 at 2009-11-02 01:12 x
こんばんは。
立川の展示会がんばってくださいね。
ぶろぐはじめてみました。

<< Restore(レストア) 名古屋 ファニチャーズ・ウイン... >>